XEマーケット 評判

使いやすいうえに、最大888倍のハイレバレッジが魅力のXEMarkets

XEMarketsの最大の魅力は、最大で888倍というハイレバレッジの取引ができることと、米ドル/円で1銭からという低スブレッドの取引をできることです。プラットフォームなどの取引環境も整っているので、デイトレーダーから、スキャルピングを主体にしているトレーダーにも、おすすめできるFX業者と言えるでしょう。メタトレーダー4(MT4)に加えて、マルチアカウントマネージャーソフトを使うことで、アカウントを複数持っていても簡単に管理ができます。AndroidやiPhoneを始めとしたスマートフォンやモバイル機器にも対応しているので、いつでもどこでも、思いついた時に簡単にFX取引ができるようになっています。そしてMT4の使用はもちろん無料ですから、攻略のために自動売買も簡単に始めることができます。

TradingPointが進化したのがXEMarkets

XEMarketsは、2012年7月にTradingPointが、サービス名を一新して誕生しました。名称の変更だけではなく、サービス内容も大幅に進化しています。

XEMarketsを運営しているTradingPointは、キプロスに本拠地を置き、キプロス証券委員会(CySEC)にも認可を受けています。ちなみにキプロスはバイナリーオプション海外事業もとても盛んなお国柄をしています。FX事業を始めたのは2009年で、2011年頃からは、リクオートがない安定した取引環境と、魅力的なボーナスが提供されることなどから日本でも話題となり、ユーザー数は現在でも増加の一歩をたどっています。

そしてその魅力をさらに大きくするために、運営スタッフのバックオフィス環境やサーバーインフラから改善し、入出金の方法やレバレッジの最大値の変更などのサービスも改善して、ユーザーに最高の取引環境を用意してXEMarketsに姿を変えました。

XEMarketsは、世界でもっとも審査が厳しいと言われている英国FSAのライセンスも受けているので、もし仮に破綻したとしても、預入資産の最大20,000ユーロまでは補償されるようになっています。海外FX業者になんとなく不安を持っているFX初めてでも、これなら安心できるでしょう。

そして日本語対応も万全です。ホームページは、すべてが日本語化されています。取引ツールのMT4やWebシステムは、英語仕様のままですが、操作は簡単なので問題はほとんどないと思います。さらにXEMarketsには、日本人スタッフが複数名在籍しており、日本人に対して専門的にサポートを提供しています。その日本語サポートは、電話やメールで受けることができます。残念ながら日本語のライブチャットには現在のところ対応していませんが、将来的にはこれも日本語対応することでしょう。

日本語対応もばっちりな海外FX業者業者で、取引環境と取引条件も充実しているのがXEMarketsなのです。もっと詳細はFX ブログからどうぞ!